July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[書籍] DAILY GIFT BOOK

JUGEMテーマ:インテリア小物・雑貨

 

DAILY GIFT BOOK

気持ちが伝わる贈りものアイデア
著)オモムロニ。

 

手みやげ、お返し、プレゼント・・・
日常のギフト選びはマンネリになりがちだったり、センスを問われたり・・・
雑貨コーディネーターのオモムロニ。さんが、150円から5,000円の心躍るデイリーギフトを200点以上紹介しています。

 

その中で、当店取り扱いミニルーペも紹介いただきました。

大人は助かり、子供は楽しく、レトロなパッケージもギフトにぴったりです。

 

>> アドベンチャーズポケット ミニルーペ

 

 

 

 

---------------------------------------

【書籍掲載】東京 わざわざ行きたい 街の文具屋さん

JUGEMテーマ:インテリア小物・雑貨

 

東京 わざわざ行きたい 街の文具屋さん

著 ハヤテノコウジ

文具マニアとしても知られるイラストレーターのハヤテノコウジさんが、東京にある文具店を厳選して紹介しています。
有名ショップは勿論のこと、知る人ぞ知るマニアックな店まで、幅広く80軒掲載されています。
 
著者自ら各店舗を取材し、文章とイラストでそれぞれの店の特徴を分かりやすく解説していて、エリアごとにカテゴライズされているので、文房具店巡りをする時にとても役立ちそうです。
 
当店 フライハイト in Sis art and craft も原宿エリアに紹介して頂いております。

東京新聞に掲載されました




「東京新聞 6月7日売り号」にて、当店のロールペンケースをご紹介いただきました。

 〜 東京セレクト いち押しの一品 〜

製品の紹介はもちろんのこと、開発秘話的なことも掲載されています。
的確にこのペンケースのことが記事になっているので、是非お読み頂きたいのですが...
(時期を改めてご紹介しますね!)

取材の際、このペンケースについて色々とお話をさせて頂きました。
発売から約10年のロングヒット商品ですが、よく考えてみたら開発の経緯などを整理したことがなかったので、とても良い機会になりました。
そして恥ずかしながら、とても魅力的な製品だと改めて感じました
(^_^;)

そしてSisさんが演出してくれている原宿ショップ内の楽しげな様子も、写真にしっかりと写っているので是非それを掲載したいのですが、こちらも時期を改めてご紹介しますね。
(ご来店にてお確かめ頂けると更に嬉しいです。)


オリジナル ロールペンケースはこちらです
 
↓ ↓ ↓



 

[書籍掲載] デスクワーク整理術

いつもフライハイトをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。


三笠書房
デスクワーク整理術
オダギリ展子 著

"仕事力"が3倍アップする!
ミス・ムダをなくす90の秘訣

その中のコラムにて、当店のステーショナリーをご紹介いただきました。



Girl of all work
ページドット ステッカー

「遊び心&癒しを感じる文具」とのことでご紹介頂いています。

パンチ穴の補強・補修をするステッカーで、
3つのキュートなデザインのステッカーが各48枚(合計144枚)入っているので、
これなら補強作業も楽しくなりそう♪

デスク周りを整えながらも、遊び心は大切ですね!

>>商品はこちら

[雑誌掲載] 雑貨店でみつけた かわいい文房具

いつもフライハイトをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。


笠倉出版社
雑貨店でみつけた かわいい文房具

「文具ファン必見のお店」のコーナーにて、
当店をご紹介いただきました(^O^)

そう言っていただけると嬉しいのですが、
ハードルが上がってしまいプレッシャー...
お気軽にお越しくださいね(^_^;)


そして、ご紹介いただいた文房具たち


イネス・ド・ラ・フレサンジュ ボールペン

「ご指名LOVE文具図鑑」のコーナーにてご紹介いただきました。
レトロ&エレガントな感じが編集部の方に気に入って頂けたようです♪


他にもいろいろ〜


Kikkerland キッカーランド 恐竜メモホルダー

必要な時にサッと背中からメモ用紙を取り出せ、
「ペン立て」も付いているので、直ぐにメモすることが出来ます。
さらに口の部分はクリップになっているので、
メモを挟んでおけば、大切な予定を忘れません!!



ハイヒール ステープラー

実はこれ、ホチキスなんです!!
メタル素材の高級感を漂わせ、卓上のインテリアとしても素敵です。



ピアノ カルキュレーター

まるで演奏してるみたいな「ピアノ型」のユニーク計算機です。



Sharpie アクセント リトラクタブル

片手でペン先の出し入れが出来るので、とても便利です。



Helix へリックス 曲がる30cm定規

曲線的なものを測る時などにも役立ちます。


MONOマガジン掲載の「イギリス文具」

いつもフライハイトをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

以前のブログでもご紹介しましたとおり、
「モノマガジン」のイギリス特集にて当店の文房具たちが紹介されました。


Helix 定規&コンパスセット

缶ケースに入った定規とコンパスのセットで、
1887年創業の伝統あるイギリス文具ブランド・Helixの
ロングセラー商品でもあり、現在でもブランドを代表する
主力商品の1つです。

授業で定規やコンパスを使うお子様ばかりでなく、
トラディショナルな感じの缶ケースをお目当てに、
大人の方がお求めなることもしばしば・・・

Helix社とお取り引きを始めた当初、この商品を発注する予定がなかったのですが、当時のHelix社のセールスマンから
「我がブランドのシンボル的存在のこの商品を、なぜ取り扱わないんだ!? シンジラレナーイ!!」
と言った内容のメールが届き、半信半疑で取り扱いを始めたのですが、
今となっては当店の大ヒット商品になっています。

英国人を信じてよかった。。。(^_^;)



その他にも当店直輸入のイギリス文具が紹介されましたので、
是非チェックしてみてくださいね!!

↓ ↓ ↓


Helix OXFORD 三角軸ゲルインクペン

三角軸で持ちやすい! 
すらすら書けて乾きも早いゲルインクのボールペンです。



Helix ペンシルトップ消しゴム ホワイト

書いたり消したりの必需品、
すぐに行方不明になってしまうケシゴムも、鉛筆に付けておけば安心です。



Helix 曲がる30cm定規

使って便利、持ち運びラクラク♪ 
くねくね曲がるカラフルな30cm定規です。



SILVINE A4イエローリングノート

いかにも外国のビジネスシーンを感じさせる
「イエローペーパー」のノートです。



SILVINE クロークルーム チケット

パーティ会場などで、荷物やコートを預かる際に
使用するナンバー入りチケットです。


【掲載】モノマガジン No.723

いつもフライハイトをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

最近知ったこと、

イギリスの国旗(ユニオンジャック)って、
イングランドとスコットランドとアイルランドの国旗が
重なって出来ているですね!!

恥ずかしい...(*^_^*)

スコットランドの独立住民投票もそうですが、
国旗からもイギリスが「連合王国」であることを認識させられますね。


そして「モノ」からも
イギリスの歴史を感じ取ることができるかも!?

↓ ↓ ↓


mono モノ・マガジン 10月2日発売

特集は「イギリスのモノ力」です。

「ものか」ではなく「ものりょく」です(^_^;)


特集の中の1ページを、当店直輸入のイギリス文具が
占領してしまっています!!

文房具以外にもイギリス製品の魅力がぎっしり詰まっていますので、
是非お読みいただけると嬉しいです
m(__)m



シティリビングに掲載されました

いつもフライハイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。


シティリビング 9.12号

オフィスで働く女性のための情報紙「シティリビング」にて、
当店の商品が紹介されました。

"色物文具"のコレクターとしても有名な
ライターのきだてたくさんが、

オフィスで「何コレ」と、
笑いを生みだす文具を一挙公開!しています。


確かに店頭でも「何コレ?」の声をよく耳にします
(^_^;)

↓ ↓ ↓


シザーテープ

オフィスの2大「貸して」を先回りして一度に渡す。。。

と言うことだそうです。。。


他にもユニークな文具が紹介されていますので、
機会がございましたらチェックしてくださいね!!

【雑誌掲載】 SAKURA 秋号

いつもフライハイトをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。


SAKURA 秋号 (小学館)

子育て中のママ&子どもに、おしゃれで幸せな生活を提案する小学館発行のファッション誌です。

そこに掲載されたのが・・・


オックスフォード鉛筆(イギリス・Helix)

女性向けファッション誌で何故このエンピツ・・・?

と最初は思ってしまったのですが、

「イギリスコーディネート」という企画の中で、このパッケージの配色がいかにもブリティッシュな感じということで、ご紹介いただきました。

この配色がどのように使われているかは、ぜひ本誌で確認してみてくださいね!!
12345>|next>>
pagetop